モハ180-54

| コメント(0)

080526_M'180_54.jpg

クーラーの配置特徴的なモハシ改造のモハ180.
中でもこの54号車は改造時にベンチレーターが追加されず
また車端の換気扇も旧客室側にしかない変形車。
ただしクーラーの配置は厳密にはモハシのままでなく
旧ビッフエ側の二つを中央寄りに移設している。

この車両は経歴も少し変わっている。

昭和33年ビジネス特急「こだま」のビッフエ車として華々しくデビュー。
東海道新幹線開業後、山陽に流れたが
相棒のモハ181-4を100番台新製車のモハ180-115にとられ
しばらく休車となる。
45年10月にモハ化改造されると同時に新しい相棒モハ180-25を
モハシ180-11から譲り受け復活!
47年に新潟にやってきて、そして51年に廃車となる。

モデルはモハ180のクーラーの配置を変えただけ。
デッキ側の換気扇とベンチレーターは削って穴埋めしておいた。
厳密にはモハシ改造のモハは客室が120mm後位に寄っていて
その分デッキが狭い。
しかし模型では0.8mmの差でしかないので特に何もしていない。

コメントする

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2008年5月27日 09:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モロ181-5」です。

次のブログ記事は「クモハ453」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。