中古の富士ぶさとKATOD51の常点灯化(10/25)

| コメント(0)

18102601.jpg

5万以上するさよなら富士ぶさセットが

今は底値ではないかと思える感じで

半額以下で入札。

18102602.jpg

折角の寝台車なのでまずは室内灯。

テープLEDでせっせと12両分作成。

TOMIX純正のようにスプリングは使わずに

細く切った燐青銅板をスプリング用の穴から

直接ウエイトと座席パーツの間に差し込んで集電。

18102603.jpg

室内灯取り付け完了。

中古品でナンバーとホイッスルなどの

穴あけのいらない部品は取り付けられていた。

思ったより丁寧に取り付けられていて

このEF66は当然53号機で無問題。

この53号機前面の手すりがクリームではなく

青なのが最末期の特徴。

18102604.jpg

ED7694は無問題だったが

90号機のほうは70号機のナンバーが付いていて

予備も90号機が一つ足りない状態だったので

一つは92号機の2を削って銀インレタで4を転写して作成。

18102605.jpg

EF81も本来は411号機なのだが何故か413号機のナンバー

が付いていたのでこれはしっかり残っていた

411号機のナンバーに張り替えた。

090210_EOS_0034.jpg

2009年のあの春を思い出す。

18102701.jpg

あとはついでにKATOD51北海道の常点灯化も

KATOの製品はコンデンサーが邪魔をして

また非常に定電圧から発進するので

動き出してその後前照灯が付く感じ。

とりあえずライト基盤からチップコンデンサーを取り外した。

更に誘導電流のチラつき対策として

そのコンデンサーと30Ωのチップ抵抗を半田付けして

所謂スナパ回路を加えておいた。

18102702.jpg

起動電圧が非常に低いのでシビアだが。
ちゃんと常点灯するようになった。

しかし1608級のチップの半田付けは非常に目が疲れる。

コメントする

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2018年10月26日 12:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「宮崎コッペル(津川洋行)と宮崎は14(IORI工房)(10/19)」です。

次のブログ記事は「EF50にもスナバ回路を(11/19)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。