EF57戦前仕様ほか(6/8)

| コメント(0)

とりあえず戦前系特急客車の室内灯取り付けはほぼ終了ということで。

昔キングスホビーから販売されていたEF57のKATO旧製品を

EGからSG仕様に改造するパーツを使用して

しかも戦前の(S24年浜電化以前)のパンタ移設前の仕様に。

170604002.jpg

まずは元のパンタ台を綺麗に削り落として

新たに1.09×1.68のプラ棒を使用して

パンタ台を作る。

170604028.jpg

パンタ(PS14)を黒く塗装して

作成しなおしたパンタ台に接着して

それから戦前仕様らしく標識灯をデッキに移設して完成。

170604029.jpg

アップ、見慣れたゴーナナの顔とはまた少し異なり

なかなかの美男子。

170604030.jpg

どちらもキングスのパーツを使ってのSGタイプだが

左が今回の戦前型、右がパンタはそのままの戦後仕様。

170604031.jpg

早速富士の先頭に立つ。

EF57の登場は昭和16年なので

実際はもうすでに三等車の赤帯はないのかもしれない。

DSC_4114.jpg

どうせならとキングスのEF56もデッキに標識灯を移して

ぶどう色1号に塗って戦前仕様に。

こちらは昭和12年登場。

DSC_4115.jpg

そしてこのEF53と以前にアップしたEF50とEF55を

合わせて5種類の戦前型特急牽引機が揃った。

コメントする

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

ウェブページ

  • about
  • trainphoto
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2017年6月 8日 16:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「KATO、50周年記念C50 (5/26)」です。

次のブログ記事は「GM系のコンバージョンキットに尾灯を(6/11)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。