その他SNOWの最近のブログ記事

170227001.jpg

予報に反してまずまずの天気の24日(土)の苗場。

珍しく火打第1ロマンス沿い。

170227002.jpg

そしてその後第1ゴンドラから山頂リフトへ。

目指すはあのコース。

でも山頂方面はガスの中?

170227003.jpg

30年ぶりかなんだかにオープンした

筍山山頂の真正面のコース。

雲の間から見える景色も新鮮。

170121001.jpg

20日金曜夜のMAXとき339で湯沢へ。

これだと最終の週末臨時の最終バスに間に合う。

当然新幹線苗場マスターのMしたさんも乗っていた。

席はひそかに気に入っている6号車の平屋部分。

バリアフリー対応で2+2なのでゆったり。

170121002.jpg

東京駅で大山豚のステーキ弁当(鳥取?)を

買ってみた。

左上の小枠内が中身。

170121003.jpg

何故かバスは大混雑で

立ち客も多数発生。

かぐらオープン(11/26,27)

| コメント(0)

DSC_2710.jpg

26日(土)朝の苗場。

週中の積雪がかなり溶けてしまってこんな状態。

5高沿いのICSの雪の山はだいぶたまってきている。

DSC_2712.jpg

朝イチから雪の状態が最悪という情報を聞いて

午後からのスタート。

昼前のみつまた駐車場。

やはりピスラボを轢いたのは営業的に失敗のようで

他の開幕スキー場が軒並み混雑する中

このように駐車場はガラガラ。

DSC_2714.jpg

このようにみつまたはピスラボの上に雪がかすかに乗った状態。

ただ普段のピスラボと違って

以上にスピードが出て止まりきれないので注意が必要。

ほとんどの人が歩き&帰り第1高速下り乗車だった。

16073001.jpg

朝はめちゃくちゃ天気の良い丸沼。

16073003.jpg

とても暑いけど確実に山は秋に向かいつつある。

16073005.jpg

今日は結構な人数。

16073004.jpg

夕方になって雲行きがかなり怪しくなってきたが

結局プラスノーしている間は降られることはなかった。

150307_1.jpg

7日朝

一時は川が全く見えなかったが

ここ数週間でかなり雪が減った。

 

150307_3.jpg

火打ゲレンデ。

写真では寒そうだが

もう谷には水が流れて

あきらかな雪解けの気配。

 


前泊で一人素泊まり3000円で
安かったリステルに泊ってみた。
こんな感じのコンドミニアム。


リステルのスキー場には雪は全くない。


会場の箕輪に上がってみると
何とうっすらと道路に積雪している。

バックカントリーの装備

| コメント(1)

8日に起きた八幡平での雪崩死亡事故の記事より抜粋
登山中だった岩手署の松尾駐在所所長のそばで雪崩が発生。
近くにいた二人の姿が見えなくなったため、
所長が携帯電話で通報する一方、現場付近にいた人たちと捜索に当たった。
男性らが雪崩に埋まった時に位置を知らせるビーコン(電波受発信機器)
を持っていたため発見できた。

たまたま近くに知識を持った人がいて
かつ本人もビーコンを所持していて早期に発見したにもかかわらず
2人とも死亡。
一般に雪崩などで埋まったときの生存可能性は
埋没後15分と言われるが発見は1時間後だった。

最近のお手軽バックカントリーブームに警報を鳴らす事故
だと思うのだがどうだろうか。
上記のような幸運にもかかわらず死んでしまうのだから。

雪崩はいつでもどこでも起きますよ!
やはりビーコンくらいはみんな持って入ってますか?
弱層テストって意味知ってますか?

首都圏でも大雪が降った2月最初の週末
スキー場でも事故が相次いでいるみたいだ。
<雪崩>重体の女子大生1人死亡 長野・栂池高原スキー場
危険なコースになぜ、雪崩注意の呼び掛け届かず
栂池はあゆが大昔篭っていたときも
雪崩で(雪解けによる泥流)で死亡事故があった。
コース閉鎖中の事故であるだけに
引率者の軽率な行為が惜しまれる。
と優等生的なコメントを出したけど
最近パウダーが大流行で
雪をまったく知らないへたっぴまで
立入禁止区域に平気で入り込んでいる。
ゲレンデ内とは言えそこは真冬の山。
スキー雑誌を含め冬山をなめた昨今の風潮に
一石を投じた事故ではないかと思いますがいかが?

スキーの男性遭難か=新潟・平標山
平標山は苗場の真正面に見える谷川の重鎮。
この厳冬期にスキーで登る人がいるのも驚きだが
この方長岡の人なのでもしかしたら
厳冬期の谷川連邦えおよく知っていて
それなりの装備で出かけたのかもしれない。
というかそうであり途中でビバークでもしていることを願う。

スノーボーダー7人不明=下山せず-広島のスキー場
詳しくは知らないのだが恐羅漢は
ひそかなパウダー天国であるらしい。
ただ皆ボードの上級者なので無事に下山して来て欲しい。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.11

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちその他SNOWカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはワールドカップです。

次のカテゴリは車、スタッドレスです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。