Racingの最近のブログ記事

210411苗場002.jpg

2月後半から異常に暖かくて

3月に入ってから全く雪の降らなかった今シーズン。

なんと最後の最後に寒気が日あって

うっすら雪が積もった。

210411苗場004.jpg

コロナ渦で4月にずれ込んだ

ユーミンコンサートがあったおかげで

苗場も2週間ほど営業期間を延期していたのだが

雪自体は平年よりだいぶ少なく

去年に近いくらいで例年より雪解けが2週間ほど早い感じか?

と言っても筍平はまだ雪がいっぱい。

と言うことで最後の週は硫安巻いてポールです。

日曜が最後を締めくくって

GS(中回転)とSL1本ずつ合計でのタイムレースやるということで

気合を入れて・・・。

土曜は結構寒く硫安まかないですんだ。

210411苗場008.jpg

9時から12:30までぶっ通しで滑って終了。

帰るころにはうっすらと積もった雪が全部なくなっていた。

210228仙ノ倉山シッケイ沢BC005.jpg

28日日曜日、朝からピーカン。

7時に平標登山口まで送ってもらって出発。

ヤカイ沢から稜線までの急坂は

先週よりずっと上りやすく。

この稜線の草付きの嫌なところも先週より

ずっと柔らかくアイゼンなしでも登れる。

210228仙ノ倉山シッケイ沢BC007.jpg

今日は平標山頂はパスして

冬限定のトラバース道で仙ノ倉方面へ向かう。

正面は今年の山2021m峰、仙ノ倉は2021mの左に見える

山頂の右のほう。左は三ノ字ノ頭。

210228仙ノ倉山シッケイ沢BC011.jpg

夏道の標識の東芝ランプ!

210220平標山ユウガイヒト沢001.jpg

20日土曜7時半の平標登山口。

ここのところ毎週ずらっと駐車車の列だったが

なんと夏山用の登山者用駐車場除雪したらしい。

パトカーが巡回にきて誘導していた。

今日はここまで送ってもらい単独で

210220平標山ユウガイヒト沢002.jpg

朝日に輝く平標山とヤカイ沢。

先週見られた全層雪崩とひび割れは
週半ばの降雪によって隠れた。

かえって厄介ではある。

210220平標山ユウガイヒト沢004.jpg

今年は藪がほぼないとはいえ

やはり稜線下の急斜面は

スキーにとっては上るのは結構大変。

210213守門岳BC026.jpg

朝8時過ぎ

林道除雪終了点からスタート。

210213守門岳BC005.jpg

守門周辺、今年は雪が大変多いようだ。

この橋も過去数年で一番埋もれている。

210213守門岳BC006.jpg

問題のこの斜面。

今年は雪が多く

板を脱がずに登れそうだ。

160515LSE.jpg

1月第3週末は北海道、第4週は菅平、先週はお休み。

と言うことで久しぶりのヴィラの部屋。

コロナ渦による苗場の閉鎖は今週までと言うのもあって

シーズン中にこれだけ長く来なかったのも珍しい。

ところで3連休のSLでガンポして

歯茎が腫れていたらしく歯医者に怒られたので

ポールの時はFR用のヘルメットはやめようということで

久しぶりにFIS対応のヘルメット買った。

リンゼイ・ボン レプリカ。

210206NASPA002.jpg

スキー場の休業期間中

スクールは代替で割引が聞くNASPAでポールを張っている。

折角なので土曜はポールをやることにした(GS)。

前半はずっとクローチングの緩斜面。

ただしスキー場が好意でウエーブを作ってくれて

かなり面白い。

そして

春休み期間中はコロナ騒ぎなどもあるので

とりあえずblog記載は見送っていたが

もう完全に季節も変わったので

2週分振り返って。

3/28

200328_1nae.jpg

雪も悪いのでもうここからはずっと筍。

フリーも面白くないのでずっとポールに出る。

土曜日は寒かったがなんとか天気は持った。

200328_2nae.jpg

夕方は三国峠で少しコントレ走。

最後の最後でちょっと雨降られた。雨ね!

3/29

200329_1.jpg

夜から雨は雪に変わって

朝起きたらびっくりの積雪30cm。

今年は記録に残る小雪だが

シーズン最末期になって寒が戻ってきた。

200321巻機山BCほか003.jpg

3/20(祝)もう火打も営業終了してしまって

今週からポールは男リー下から4ロマ降り場の間。

それでも雪が薄いのだが

200321巻機山BCほか004.jpg

でも硫安を入れればそこそこ固まってくれて

滑走性自体は結構悪くない。

ただゴールエリアなど結構やばい。

この場所はした芝でなく結構岩だったりする。

まあGWと思えば雪はまだある法の年か?(苦)

200321巻機山BCほか006.jpg

今頃にして新品板。

20022223苗場WC551.jpg

そして22日夜、ブリザデュームで行われた

ゼッケンドローパーティー。

Jスポーツでお馴染みの吉田アナウンサーが仕切る。

20022223苗場WC595.jpg

メーカー紹介とジャパンチーム紹介。

ジャパンチームは佐々木明兄貴の仕切りで

左からSLで締め切り直前に滑り込んだ竹内力音選手。

お馴染み大越選手、GSから初登場の地元若月選手

加藤選手、石井選手、そしてSLフル参戦中の小山陽平選手。

20022223苗場WC588.jpg

選手はどこから出てくるのかわからない。

ソルベルグはこんなところにいた。

20022223苗場WC411.jpg

午後からの2本目は

ゴールエリアの立見席で観戦。

20022223苗場WC339.jpg

大型ヴィジョンでスタートから

男リー、トラバースまで実況で見れる。

ただ思ったより画面が小さく

立見席からだとやや見にくい。

200222苗場WC001.JPG

雪不足にコロナにいろいろだが

何とか開催にこぎつけたWC湯沢苗場大会。

2/22の初日はGS。

まずは第2ゴンドラで大斜面へ。

200222苗場WC003.JPG

まずは大斜面のスタートから5旗門ほど

下がった場所から観戦。

天気は晴れ、かなり気温は高い。

公式だとスタート6度、ゴール9度と

全コースプラス気温。

200222苗場WC018.jpg

前走スタート。

F1は男子インハイ覇者の高校2年生。

200222苗場WC019.jpg

そしてF2は同じく女子インハイ覇者の高校3年生。

200222苗場WC020.jpg

そしてF3は新潟県推薦のインハイ5位の高校3年生。

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.11

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちRacingカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはFreeです。

次のカテゴリはジュニアレーサーです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。