冬しか行けない谷川の展望台、東谷山へBC (3/15)

| コメント(0)

200314東谷山BC048.jpg

3/14土曜日はこぶキャンに出てみた。

苗場は平年並みの寒さで

湿雪が降る天候。

第3ゲレンデはこの週末までの営業に短縮されたのだが

さすがWCバーンだけあって

第三正面だけは雪がしっかり残った状態

ベースも比較的固いのが残っていて

こぶキャンプでこぶ掘っても

下の土が夕方までほとんど出ない状態だった。

そして雪も10cm位積もって

もしかしたらパウダーの期待も高まる日曜日。

200314東谷山BC028.jpg

土曜に登山口の偵察に行った通り

普段は気が付かないほど雪が積もっている

二居峠登山口の道標があるこの駐車スペースから出発。

天気予報より天気の回復が遅れ気味で

朝7:30時点でまだ雪は降っている。

200314東谷山BC005.jpg

この場所例年なら3mくらいの雪の壁になっているはずなのだが

極端な小雪の今年は1m半くらいにしかなってなくて

ハイ上がることがかなり容易い。

200314東谷山BC006.jpg

雪壁をよじ登ると

貝掛温泉から上がってきた登山道(旧国道)が

現国道の下をトンネルでくぐって

橋を渡ったところに出る。

ちなみにこの橋登山道サイズに架け替えられていて

橋台だけは自動車が通れる橋のサイズのまま。

200314東谷山BC030.jpg

しばらくは旧林道沿いの平和な登りが続く。

そして林道のショートカットで

前のトレースに引きずられて

道間違えてまた斜面を下ったりで30分くらいロス。

200314東谷山BC031.jpg
一旦下ったりで正しい道に復帰して

しばらく歩いて尾根の登りになる。

そのとたん結構な藪地獄。

二居峠からの尾根と合流するまで

標高差で500mほどかなりの急斜面が続く。

200314東谷山BC032.jpg

最難関クリア。

この後も二居峠の尾根と合流するまで

急斜面は続くものの

藪は大分少なくなる。

200314東谷山BC033.jpg

二居峠からの尾根に合流すると

今までとは打って変わって

明るい快適な尾根歩きとなり斜度もぐっと緩くなる。

200314東谷山BC009.jpg

そしていよいよ東谷山山頂へ。

予想通りフワフワの新雪。

ひざ下ぐらいか?

天気も予想通り回復快晴!

200314東谷山BC039.jpg

そして山頂!

仙ノ倉岳をバックに。

ツリーホール滑落事件とかあって

レンズに雪がついてしまった。

200314東谷山BC017.jpg

山頂は縦に細長く小さなピークが二つ。

三角点は手前側のピークにあるらしい(雪に埋まっている)。

時間があれば日白山に行こうかと思ったが

結構上りごたえがあり満足したのと

気温急上昇で雪が腐る前に滑りたいので

ここで終了にした。

200314東谷山BC043.jpg

仙ノ倉から平標。

200314東谷山BC045.jpg

三国や苗場スキー場方面。

200314東谷山BC014.jpg

苗場山と神楽峰とかぐらスキー場。

200314東谷山BC047.jpg

テルモスに入れたお湯でカップヌードル。

仙ノ倉の白い峰を見ながらのラーメンはうまい。

200314東谷山BC018.jpg

そして13時前滑降開始。

山頂直下を降りたら右に折れ

新雪の宝庫の東谷山北西斜面へ。

200314東谷山BC020.jpg

北西斜面は斜度35度くらいの大きな疎林の急斜面。

ひざ下くらいのお手軽パウダー。

斜面は結構急だけどものすごく楽しい斜面。

途中雪崩事件などもあったり

すっかり写真撮る暇もなく

あっという間に数百mの標高差を下り再び森の中へ。

しかし雪崩って木があってもどんどん飲み込んでいくんだねぇ。

200314東谷山BC021.jpg

沢の底に入らないように沢筋を

慎重に滑り下りて

林道に復帰してそして終了点到着。

30分くらいの滑走。

下ってても暑くて一枚途中で脱ぐくらいの陽気になった。

200314東谷山BC022.jpg

苗場に戻ってみた。

やはり第3ゲレンデ近辺はWCバーン以外は

完全に草原に帰していた。

さすがにこぶキャンプも今日は人数も多いのもあって

掘れ過ぎくらいになって

結構土が出てきたみたいだった。

200314東谷山BC024.jpg

第2ゴンドラにも乗ってみたが

さすがに一番下は雪が切れてしまっていて

数十メートルを泥んこの中歩かなければならなかった。

ここ4月まで運行するはずだが

スキー場はまじめに行き付けてくれるのであろうか?

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2020年3月16日 10:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「守門岳バックカントリー (3/7)」です。

次のブログ記事は「GWと思えば雪がある?苗場レーシングと巻機山BC(3/20-22)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。