神楽峰へバックカントリー(3/1)

| コメント(0)

200301かぐら009.jpg

下のほうは板を脱いで通りたくなるくらいな苗場と比べると

劇的に雪が多いかぐら。

お立ち台も完全に埋まっていて

例年とそんなに積雪量は変わらないように見える。

朝濃霧のためKG-1は閉鎖中とHPに書いてあるが・・・。

200301かぐら010.jpg

コロナの影響か5ロマもすいている。

急速に晴れてきたのでとりあえず上がってみる。

200301かぐら012.jpg

上がってみると

KG-1は9:30からオープンしたということで

登山届を出してビーコンチェックゲートを抜ける。

200301かぐら024.jpg

11:00に出発してすぐに下の芝。

もうすっかり快晴。

200301かぐら026.jpg

今日は左のほうを通って行ってみる。

田代落とし越しに反射板ピーク。

神楽峰鞍部からは

KG-1が肺胞と同時に上り始めた人たちが

次々にシュープールを書き始めている。

200301かぐら028.jpg

もうここも積雪量は

ぱっと見例年と大して変わらないように見える。

200301かぐら034.jpg

ニセかぐらを巻いて神楽峰へ。

苗場山も目の前に。

200301かぐら036.jpg

とりあえず神楽峰山頂。

看板がだいぶ下になった。

200301かぐら042.jpg

昼過ぎになってかなり風が出てきたので

とりあえず塹壕を作成。

200301かぐら043.jpg

今日の山飯は

王将の水餃子。

200301かぐら051.jpg

そしてドロップイン。

山頂直下は膝くらいの結構重めのパウダー。

200301かぐら016.jpg

そして尾根をトラバースして反射板へ。

今日は多少下がりすぎ。

そのままここを下らないで

三の沢方面への大きな斜面へ。

反射板を過ぎると日差しがまともに注ぐせいか

ややクラスト気味な雪になったが

そんなに滑りにくいわけでもない。

DSC_0624.JPG

標高が下がるにつれて

クラストの中の雪も重くなってやや滑りにくい。

このように割れた雪が足に引っ付く。

すでに完全にプルークになった人も。

200301かぐら018.jpg

三の沢の左の小尾根沿いを滑って

田代6ロマのこぶ斜面の下に出て終了。

かぐレスに戻ってちょっとお茶して帰る。

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2020年3月 3日 11:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2020ワールドカップ湯沢苗場大会 (SL 2/22,3)」です。

次のブログ記事は「守門岳バックカントリー (3/7)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。