やっと本格的に降った(2/8-9)

| コメント(2)

200208苗場001.jpg

金曜日深夜の苗場。

2/22-23のアルペンWCに向けて

コースづくりが本格化してきた。

雪はかなり降っているものの

今年は降っても積もらずに好かされることも多いので

なんだか期待薄。

木金も予報は大雪だったが苗場はたいして積雪増えなかったようだ。

200208苗場004.jpg

そして土曜は山頂ゲレンデへ。

相変わらず雪はかなりの勢いで降り続いているが

ゲレンデは大した積雪にはならずに

今回も期待が遠のいていく?

200208苗場011.jpg

ところが今回は

夜になって本気で降ったらしく

日曜朝には車の上はこんな感じに。

200208苗場008.jpg

車の雪下ろし終わったら

周りは完全に雪だらけに。

上のほうからなんと雪上車がやってきた。

これヴィラの8号館と3号館の間においてあるやつと思われ。

ゲレンデは軒並み腰パウから下手したら胸パウの状態に。

積雪量もやはり雪の少なかった

4年前の前回のWCの年の110cmと同じになった。

コメント(2)

赤倉も男子SLの朝は1M積もって、大変なことになりました。
まず明け方クルマを掘り起こすのに80分かかった。
女子選手は、よませにトレーニングに行ったので、赤倉温泉太閤の湯へ行こうと宿を出たら、妙高赤倉のインターから、アカカンまでの道に明け方除雪後にまた降った雪が、未圧雪で20cmは残っており、登りのスタック車多数。やっとこさで移動しましたが、それでもこの降りの中パウダー喰いの外人は関係なくスキー担いで歩いていましたね。
妙高の外人比率は多いです、どの宿も素泊まりばかり。
あれじゃあ宿屋つぶれるなあ。
瑚子はGS65位、SLはタコ掘れで苦戦し77位で終わりました。

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2020年2月10日 15:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「かぐら中尾根北斜面行った(2/1-3)」です。

次のブログ記事は「ワールドカップまであと1週間(2/15,16)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。