2020ワールドカップ湯沢苗場大会 (GS その2 2/22)

| コメント(2)

20022223苗場WC411.jpg

午後からの2本目は

ゴールエリアの立見席で観戦。

20022223苗場WC339.jpg

大型ヴィジョンでスタートから

男リー、トラバースまで実況で見れる。

ただ思ったより画面が小さく

立見席からだとやや見にくい。

20022223苗場WC385.jpg

見るからに柔らかそうな斜面を

1本目30位の選手から次々にやってくる。

コースの状況がどんどん悪くなるのもあって

なかなかとびぬけたタイムを出す選手が少ない。

人気者テッド・リゲティ。

うまく貯金を使いながら滑り切り

ゴールで1位のタイムをたたき出し

ゴールエリアは大盛り上がり

20022223苗場WC425.jpg

そして1本目13位だったクロアチアの

ズブチッチ選手。

2本トータルでこれまでのタイムを
2秒近く更新するスーパーラップ!

明らかに遠くから見ても異次元の速さだった。

20022223苗場WC441.jpg

そしてアメリカのTフォード。

特に大きな失敗はしていないが

ズブチッチのタイムに届かず。
この辺から雨がついに振り出し

滑ってくる選手のスピードが明らかに落ちた。

20022223苗場WC442.jpg

ポールが抜けるとWC名物のデカ木槌が登場。

20022223苗場WC469.jpg

そして大本命、ディフェンディングチャンプの

パントロー登場。

スタートからゴールまで滑りは悪くない気がしたが

スキーが全く滑らずゴールの時点で11位と大沈没!。

20022223苗場WC480.jpg

期待のベテラン、マシュー・フェイブルも

良い滑りの気がしたが馬郡に埋もれる。

20022223苗場WC484.jpg

スイスのオーデルマットも惜しくも

この時点で2位。

久しぶりにスキーが滑っている選手だったんだが。

20022223苗場WC491.jpg

ネットボルト・ハーゲンも気合の滑りだが

初優勝ならず。

20022223苗場WC501.jpg

そして1本目断トツの滑りを見せた

ラストランナーのクリストファーセン。

22秒近い貯金をうまく使いながら降りてくる。

ここはさすが。

20022223苗場WC505.jpg

しかし第3下部がなかなかスキーが滑っていかない。

そのままゴール。

順位は5位に沈没、表彰台も逃した!

20022223苗場WC540.jpg

表彰式です!

と言うことで

クロアチアのズブチッチの初優勝。

クロアチア選手のGSでの優勝は初めて。

またクロアチアでコステリッチ一家以外の
勝利も初めてとまさに初物尽くしの優勝となった。

2位はスイスのオーデルマット。

3位は粘ったアメリカのTフォード。

結局ズブチッチも今期表彰台にも上っているし

表彰台全員が第1シード選手ということで

小波乱くらいのレースであった。

2本目に残ったシード外選手も一人だけという

典型的な軟雪のレース展開だった。

表彰式が終わったら

ブリザディウムで行われる

SLゼッケンドローパーティへ並ぶぞ!

コメント(2)

大会バーン以外に雪がないのにびっくりしました。
苗場、ここまで雪不足なのか!4月の景色。
選手にとっては残念なシャバ雪でしたね。
大会三日前に都連で招待券をゲットしたのだが、直前で大量に無料券をばらまいた理由に納得、スタンド席空きすぎでしょ!立ち見席のお客さん入れてあげれば良いのに。

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2020年2月28日 10:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2020ワールドカップ湯沢苗場大会 (GS その1 2/22)」です。

次のブログ記事は「2020ワールドカップ湯沢苗場大会 (SL 2/22,3)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。