2020ワールドカップ湯沢苗場大会 (GS その1 2/22)

| コメント(0)

200222苗場WC001.JPG

雪不足にコロナにいろいろだが

何とか開催にこぎつけたWC湯沢苗場大会。

2/22の初日はGS。

まずは第2ゴンドラで大斜面へ。

200222苗場WC003.JPG

まずは大斜面のスタートから5旗門ほど

下がった場所から観戦。

天気は晴れ、かなり気温は高い。

公式だとスタート6度、ゴール9度と

全コースプラス気温。

200222苗場WC018.jpg

前走スタート。

F1は男子インハイ覇者の高校2年生。

200222苗場WC019.jpg

そしてF2は同じく女子インハイ覇者の高校3年生。

200222苗場WC020.jpg

そしてF3は新潟県推薦のインハイ5位の高校3年生。

200222苗場WC021.jpg

そしていよいよ1番スタートの

ノルウエーの

クリスチャン=リーフ=ネットボルト=ハーゲン。

さすがにトップセブンは

高校生とライン取りが全く異なり

スーパー真っ直ぐ!

とにかく真っ直ぐ!

200222苗場WC022.jpg

結果1本目ラップのクリストファーセン。

誰よりラインがまっすぐで

誰よりターンが切れていて

誰よりも体の落とし込みが速い!

圧巻の滑り。

200222苗場WC023.jpg

そしてパントロー。

すごい滑りなのだが

クリフとファーセンのスーパーラップの

直後とあって霞む・・・・。

200222苗場WC024.jpg

総合ランクトップの

アレクサンダー=オーモット=キルデ。

コースが荒れてきたのか

作戦なのか

トップセブンと異なり比較的高めのライン取り。

200222苗場WC025.jpg

前回は来れなかった人気者テッド=リゲティ。

みす

Mr.内傾角といわれるだけあってすごい内傾角。

ライン取りもトップセブン同様な超直線的ライン。

ただコースの荒れのためか少々ズレ気味。

200222苗場WC026.jpg

そして結果的に初優勝をあげることになった

クロアチアのズブチッチの1本目。
1本目12位だったので

この時はまだ第1シード選手の一人に

すぎないと誰もが思ってみていたのだが。

200222苗場WC027.jpg

1時間近くたってようやく日本人選手トップ。

まずは加藤聖五選手。

ゼッケン40番台中半ということでコースも荒れ

溝もついている中でうまく溝を使って

スムーズに滑ってきた。

結果残れなかったのだがもう少しコースがマシだったら

30番以内には間違いなく残れるナイスランだったと思う。

200222苗場WC029.jpg

日本人2番手は小山陽平選手。

SLではWCポイントをあげている彼も

GS今日はh少々苦戦気味。

200222苗場WC030.jpg

そしてGSチームを引っ張ってきた石井智也選手。

とにかく遠くにできた溝に乗らずに

ポール際をガッツで切って攻めるのだが

いかんせん50番台コース状況。

なかなかうまくいかない。

200222苗場WC031.jpg

石井選手とともに日本チームを長く引っ張ってきた

大越龍之介選手。

日本選手最年長といってもまだ31歳。

得意の明日のSLは期待!

200222苗場WC032.jpg

4年前の苗場大会は前走だった

地元苗場の若月隼太選手。

今日は自宅から歩いて会場まで来たそう。

滑走順は後ろから2番目。

得意のGSだが少々ほろ苦いWCデビューだったかもしれない。

結局シード外から30位までの2本目進出を果たした選手は

34番スタートの選手一人だけという

下位スタート選手には厳しいコースコンディションとなった。

ただ途中棄権も1人だけなので

コースの整備状況はまずまずだったのであろう。

2本目はゴールエリアから観戦予定。

雨予報も出ているがどうなるのであろうか。

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2020年2月27日 11:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ワールドカップまであと1週間(2/15,16)」です。

次のブログ記事は「2020ワールドカップ湯沢苗場大会 (GS その2 2/22)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。