3週連続でBCで鍋(3/16-17)

| コメント(0)

190317かぐら反射板BC0004.jpg

3週連続で神楽BC。

今日はタッキーと

9時前の5ロマオープン待ち。

190317かぐら反射板BC0005.jpg

9時5分前にゲートオープン。

5ロマ乗り場までスキークロスみたいな競争。

この位置完全に出遅れているし急ぐ気もなかったのだが

周りがウザいのでちょっと漕いで

アプローチの端を小回り、ヘアピンをガン突込みで行ったら

5番目くらいだったがあとの二人はゆっくり来たので

30人目くらいに乗車。

190317かぐら反射板BC0011.jpg

さっきの5ロマダッシュは5ロマでパウダーする人なので

実はKG1から上に上る人は

新雪のラッセルを遠慮?して

実はゆっくり前をどうぞどうぞ状態だったりする。

ということで何人かがラッセルした後をゆっくり上る。

今日は予報より曇ってくるのが早くて

中の芝の視界はこんな感じ。

まあ天気の割には悪くないか。

190317かぐら反射板BC0013.jpg

今日は神楽峰から反射板方面を予定。

ニセかぐらの巻シュプールは今日はかなり下目についている。

190317かぐら反射板BC0016.jpg

やっと稜線に出た。

中部から西日本のスキー場は雪不足で

早くも営業終了も出てきたのだが

ここ2000mの稜線はなんだか
ここ2週でさらに積雪が増えた感じ。

前に先行者がいるが神楽峰山頂への突破口が

わからない模様。

190317かぐら反射板BC0034.jpg

東側からスイッチバックで登って

結局神楽峰本日1番乗りということに。

棒沢方面立ち入り禁止の看板は

雪庇の下に埋もれたのか見当たらなくなっていた。

190317かぐら反射板BC0026.jpg

魔の棒沢の場所がわかってビビッて

怖がるタッキーを無理やり登らせて

苗場山をバックに記念撮影。

さすがに雪が深くて

セルフタイマー12Sじゃここまでしか戻れなかった。

190317かぐら反射板BC0017.jpg

苗場山の頂上大地の大雪庇も

大方落ちて

その気になれば山頂へも行ける季節になってきた。

190317かぐら反射板BC0022.jpg

ニセかぐらとの鞍部の広い場所まで戻って

雪を掘ってテーブルといすを作って

越後の山々を見下ろしながらプチランチタイム。

190317かぐら反射板BC0035.jpg

その前にタッキーリックに入っていた

6本のノンアルで乾杯!

ただ2000mの尾根では

特に冷やさなくても飲み物は超冷え冷えになるのであった。

190317かぐら反射板BC0024.jpg

冷え冷えのノンアルで寒くなったけど

今度は水餃子が出来上がり

温まる!。

190317かぐら反射板BC0007.jpg

そして一旦真下へドロップして

極上新雪を少し味わってから

反射板への尾根へトラバースして

(いつもつい下りすぎて少しこぐ)

森を抜けて反射板下へ。

クリップボード01.jpg

頂上直下よりは雪質は悪いが

まだほとんどシュプールのない反射板下の大斜面を堪能。

190317かぐら反射板BC0009.jpg

そして最短の数エ門沢-四ノ沢コースで田代第8ロマンスの乗り場前に到着。

ランチタイムを入れて約3時間のBCツアーでした。

タッキー、また4月に行きましょう!

190317かぐら反射板BC0002.jpg

ちなみに土曜日はGS,SLでした。

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2019年3月18日 16:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「霧の塔へBCで豚汁(3/9-10)」です。

次のブログ記事は「守門岳でBC(3/23)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。