守門岳でBC(3/23)

| コメント(0)

190323守門岳BC012.jpg

4週連続のBCスキー。

今回はやっと日程があってOしまKちゃんと。

苗場を7時過ぎに出発して

関越トンネルの事故通行止めも知らずに

順調に冬季登山口の二分の除雪終了地点へ。

シールを張ってGPSとビーコンをセットして9時過ぎに登坂開始。

190323守門岳BC013.jpg

しばらくは県道の橋を渡ったり田んぼと思われる

ほぼ平坦な雪原を進む。

190323守門岳BC015.jpg

道路から河岸段丘の丘を登る急斜面は

積雪が切れかかっていてスキーを担いで登ることになった。

190323守門岳BC018.jpg

河岸段丘を上ってしまえば

快適な森の中の緩いのぼりになる。

天気は回復傾向なのだが

登るにつれてだんだん視界が悪くなってきた。

190323守門岳BC019.jpg

やがて長峰に達し尾根沿いに緩やかに上る。

雪がやや強くなってきたが

森の中は風もなくまあまあ快適な登山。

190323守門岳BC020.jpg

何の苦労もなく保久礼小屋。

ここまで特に急ぐわけでもなく1時間40分。

小屋周辺はは例年と比べると雪は少な目らしい。

小屋は2階から中に入れる。

外のトイレは入室不可能。

190323守門岳BC023.jpg

保久礼からは森の中の急斜面になる。

この写真だとわかりにくいが

190323守門岳BC024.jpg

こんな感じの急坂。

この辺からアイスバーンなども出てきて

シールが効きづらくなり登りにくくなる。

190323守門岳BC027.jpg

ほどなくキビタキ避難小屋に到着。

この小屋は屋根しか出ていなくて当然使用不能。

小屋脇のリュックは

先行のガイドツアー隊のもの。

この先アイスバーンで風雪ともに強く

様子見の停滞でこの森の中の斜面を何本か滑っていた。

結局ここで引き返したそうだ。

190323守門岳BC032.jpg

避難小屋から上はブナ林だったものが

途中の植生を全く無視して

急速な疑似高山帯に変化する。

この先天候も悪く

時間もかかりそうだったので(普通なら40分くらい)

この辺のの木の陰で軽く食事兼立ち休憩。

190323守門岳BC029.jpg

休憩後その上の斜面は

もう灌木しか生えていなく

急激に風雪が強まってきて休む場所もない。

薄らと雪が積もっているがその下がギタギタに固まった氷。

190323守門岳BC033.jpg

シールで登るのがきつくなってきたので

クトー(スキーアイゼン)を装着。

190323守門岳BC034.jpg

アイゼンはサクサクと効いて気持ち良いのだが

この風雪で視界が悪いので

GPSを見ながら尾根を外さないように慎重に上る。

一組すれ違ったのだが

アイゼンにピッケルの完全な冬期登山部隊だった。

ギタギタアイスバーン化と思えば

時々太ももくらいの吹き溜まりがあったりで登りにくい。

190323守門岳BC037.jpg

頂上の鐘を発見。

頭だけちょっと出ている。

190323守門岳BC038.jpg

登頂証拠の写真を。

結局避難小屋から40分くらいの予定が2時間かかった。

190323守門岳BC040.jpg

風雪強く人間の生息できる環境ではないので

速攻で下山準備にかかる。

こちらが風上なのだが風上にゴーグルなしで向き合うことは不可能。

すぐに下るのだが

ギタギタアイスバーンの上に視界がないので

GPSを頼りに上ってきた尾根をトレース。

Kちゃんが突然前転。

先ほど越えた深い吹き溜まりったった。

これでGPSだけでなく道あっていることが確認できて

気分的にだいぶ楽に。

190323守門岳BC004.jpg

そして先ほど休憩したあたりからやっと視界が

効く様になってきて

少し滑走感も出てきた。

190323守門岳BC005.jpg

急速に視界回復。

雪もだんだんまともになってきて

森林地帯直前にやっと大斜面的滑降。

190323守門岳BC006.jpg

避難小屋から下はツリーラン地帯。

下界まで視界が効く様になって

超快適な滑降。

190323守門岳BC007.jpg

保久礼小屋から少し登り返して

長峰付近は緩やかな尾根上滑降。

振り返ると今下ってきた尾根と山頂方面が見えるようになっていた。

190323守門岳BC008.jpg

長峰から下は緩やかな斜度のブナ林のツリーラン。

そして行にスキーを担ぎあげた

雪の切れた崖も脇を

ジャンプ一発で!

Kちゃんはテックビンディングなので

スキーを担いで降りたが結構苦労していた。

190323守門岳BC010.jpg

下りは標高差1000mもあっという間。

除雪終了地点のゴールについてしまった。

ここまで来ると暖かいどころか暑い!

190323守門岳BC011.jpg

山頂で凍り付いてしまったコーラは

まだ凍ったままだった。

190323守門岳BC047.jpg

翌24日(日)何日か滑走禁止だった苗場スキー場山頂ゲレンデ南斜が

オープンしていたので苗場SSコブ合宿ということだったのに1本。

守門岳より全然滑りやすい(あたりまえ?)

190323守門岳BC045.jpg

ちなみに苗場レーシングOBのタクヤとジュンが遊びに来た。

10年ぶりくらい?大きくなったけど性格はそのままだし面影もある?

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2019年3月25日 11:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「3週連続でBCで鍋(3/16-17)」です。

次のブログ記事は「苗場終了(3/31)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。