霧の塔へ登る(2/10)

| コメント(0)

18021005.jpg

みつまたから8時のロープウエイであがって

5ロマへ。

今週から5ロマ営業が14時までに延長された。

18021004.jpg

ちなみに板滑らないので

レストランかぐら前によくいる

無料ワックスーサービスを受けてみた。

よく滑るようになった。

18021006.jpg

ビーコンチェックをくぐりBCへ!

18021008.jpg

今回中の芝を通らずに

中尾根の頭方面へ直進する

谷の中のトレースがあったので辿って行った。

近回りかもしれないが

森の中の谷あいの道なので

近いが景色がまったく良くなくちょっとつまらない。

18021009.jpg

30分ほどで中尾根の頭。

天気が心配だったが上々の快晴。

18021010.jpg

神楽峰と苗場山。

今年は少し雪が少なめか?

下越や平野部は異常に多いらしいが。

18021011.jpg

一旦清八沢のコルへシール付けたまま下る。

けんちゃんのシールのほうがよく滑るようで

ちょっとした平野で止まるとと後ろから追いつかれる。

18021012.jpg

そして通称「三角」への上り、結構急なのでジグザグに。

標高差で100m近くある。

18021013.jpg

三角の頂上到着。標高2010m。

ここは清八沢の頭とも

大日蔭山とも(夏道には標識があるらしい。)

古い国土地理院の地図には雁ヶ峰とも

18021014.jpg

ここまで来ると霧の塔はすぐ目の前。

18021015.jpg

霧の塔到着。

志賀高原焼額山から妙高火打まで見える。

先行者は一人のみ。

18021016.jpg

シールを外して黒岩の平へ滑降スタート。
今回膝上くらいの新雪が重そうで

田に越えるの大変そうなので

先行者のシュプール通り

谷越えのない上から見て右側の尾根沿いを降りる。

18021017.jpg

それでもやはりすぐに下りなのに進まなくなって

(ここは緩斜面なので)

下りなのに雪中行軍になった。

結局途中からシールをつける。

どうせならガツンと上るつもりで

上から見て左側の尾根のほうから谷に向かって下りればよかった。

18021018.jpg

そして稜線へ出て雁ヶ峰への最後の上り。

もうシールはつけているので

ここは気持ちよく登れる。

18021019.jpg

振り返ったところ。

正面奥が三角。

結局この広大な緩斜面滑った感ゼロ!

ひたすら雪中行軍。

18021020.jpg

雁ヶ峰山頂、もう上りはない。
下るのみ。

先行者のシュプールが1本。

さすがに今日は新雪が腐っていて

尾根の真ん中をトレースしてもスピードでなくてつまらないので

途中から右寄りの急斜面を直に下った。

18021021.jpg

沢に落っこちる奴!

水が流れてたら面白かった?

18021022.jpg

帰りはドラゴンドラで。

コメントする

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2018年2月13日 10:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大寒波の苗場と平日清里(1/27-29)」です。

次のブログ記事は「かぐらBC 中尾根北斜面 (3/3)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。