マチガ片づけ(8/5,6)

| コメント(0)

170805005.jpg

今年は深刻な雪不足で滑れなかった

去年の分もということではないのだろうが

いつもより1周遅くマチガ締めをするということで。

もう出合からはS字雪渓の雪は全く見えない。

上部雪渓にはまだずいぶんあるが

こちらはおそらく今年は万年雪として残りそう。

まずは5日土曜。

170805006.jpg

巌道新道を横切る小沢の水は恐ろしく冷たい。

飲み物もすぐに冷える。

170805007.jpg

そしてマチガ沢に下りる。

この場所もすっかり緑が深くなった。

170805008.jpg

そして左端にはついにロープが現れた大滝。

それどころか大滝の上には

大きななめた気が延々と続いている。

7月中旬まではこの場所がポールバーンだった。

といっても10m位空中だが。

170805009.jpg

そして例のコブバーンのゴールあたりは

こんな感じで猫しか通れないようなスノーブリッジ。

当然左岸から高巻く。

170805010.jpg

そしてS字雪渓の最上部にきて

ようやく滑れる量の雪の上に立てる。

今日は6旗門6ターン。

ただ斜度は平均25度くらいあって

しかも真夏の雪渓なのでベースが固く

結構難しい。

170805011.jpg

上から見た感じ。

コブがあったところはここから見える雪よりはるか下の

茶色い部分より下も緑の小山の部分。

170805012.jpg

スタート地点からは上部雪渓とマチガ沢全体が見える。

170805013.jpg

ただ脇を見ると熊の糞が落ちていたり・・・・。

170805014.jpg

とりあえず翌日は後片付けの前に

ちょっとはすべる時間があるので

板は置いておくことに。

170805015.jpg

帰りは脇のV字谷をよじ登って

直接、巌剛新道の通称マチガ沢展望台へ

170805017.jpg

でも振り返ると結構急。

ここはちょっと下るのは勇気いる。

10分くらいで巌剛新道に出て

あとは快適な登山道を下ってあっという間に下山できる。

-------------------------------

170805018.jpg

翌6日日曜日。

今日は板を持っている人3にのほか

手ぶらで荷卸しだけのために来てくれた人が10人。

久しぶりににぎやかなマチガ沢になる。

170805019.jpg

昨日あったスノーブリッジは影も形もない。

170805020.jpg

雪渓末端の様子。

170805001.jpg

とりあえず12時半くらいまで滑る。

170805002.jpg

大滝のところでは

最終日恒例の流しソーメン大会。

今回からは2mの樋が登場。

好評につき来季は4mに延長するそうだ。

170805003.jpg

そばも

170805021.jpg

そしてポール撤収。

170805022.jpg

下山準備終了。

また来年の5月までさようなら。

170805004.jpg

出合まで無事におろし終わって

ここからは台車で。

170805023.jpg

駐車場に着くころには

谷川岳ロープウエイが運転休止になるほどの雷が鳴り

惜別の雨となった。

今年はたいした事故もなく(将軍が最後まで無事だった!!)

無事にマチガ沢シーズンが終了しました。

皆様お疲れ様でした。

コメントする

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.11

このブログ記事について

このページは、ayu2が2017年8月 7日 14:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マチガ最終章(7/16)」です。

次のブログ記事は「丸沼サマースキー(9/16,18)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。