180828.jpg


自転車ツーリング記録(保存版)を再編集アップしました。

191221KATO153系005.jpg

非冷房時代の湘南準急のサロと言ったら

リクライニングシートのサロ152ではなく

並ロのサロ153だろうということで。

KATO111系の基本セットに1両だけ含まれる

サロ110-0が2両手に入ったので早速改造。

191221KATO153系001.jpg

サロ110は塗分け線が111(113)系の

オレンジが広いタイプなので

改造といっても他は引き通し線が変わってるくらいなので

塗装をし直して153(165)系のオレンジが狭いタイプに

直してグリーンマークを1(2)等マークに変えるだけである。

真ん中左が111系湘南色(サロ110)

右が153系(サロ152)。

200321巻機山BCほか003.jpg

3/20(祝)もう火打も営業終了してしまって

今週からポールは男リー下から4ロマ降り場の間。

それでも雪が薄いのだが

200321巻機山BCほか004.jpg

でも硫安を入れればそこそこ固まってくれて

滑走性自体は結構悪くない。

ただゴールエリアなど結構やばい。

この場所はした芝でなく結構岩だったりする。

まあGWと思えば雪はまだある法の年か?(苦)

200321巻機山BCほか006.jpg

今頃にして新品板。

200314東谷山BC048.jpg

3/14土曜日はこぶキャンに出てみた。

苗場は平年並みの寒さで

湿雪が降る天候。

第3ゲレンデはこの週末までの営業に短縮されたのだが

さすがWCバーンだけあって

第三正面だけは雪がしっかり残った状態

ベースも比較的固いのが残っていて

こぶキャンプでこぶ掘っても

下の土が夕方までほとんど出ない状態だった。

そして雪も10cm位積もって

もしかしたらパウダーの期待も高まる日曜日。

200314東谷山BC028.jpg

土曜に登山口の偵察に行った通り

普段は気が付かないほど雪が積もっている

二居峠登山口の道標があるこの駐車スペースから出発。

天気予報より天気の回復が遅れ気味で

朝7:30時点でまだ雪は降っている。

200314東谷山BC005.jpg

この場所例年なら3mくらいの雪の壁になっているはずなのだが

極端な小雪の今年は1m半くらいにしかなってなくて

ハイ上がることがかなり容易い。

200312箱根ツーリング003.jpg

はこね31号の一番前の席が急遽キープできたので

箱根湯本まで行くことにする。

200312箱根ツーリング011.jpg

東京は快晴なのだが箱根はやや雲が多め。

箱根登山鉄道が台風災害で長期運休中のためか

湯本前の国道1号線は結構交通量が多い。

200312箱根ツーリング012.jpg
箱根登山鉄道のホームには

ベルニナ号が止まっていて

待合室として開放されていた。

当面動かないことの証か?

湯本はコロナ騒動でガラガラ。

観光客はそれなりにいるがすいているを通り越して寂しい。

200307守門BCほか020.jpg

今日は単独。苗場を6時半に出発、守門二分の除雪終了地点は

8時過ぎに到着、少々遅くなったので

このようにかなりの車の列になっていた。

おそらく100人くらいは山に入っていると思われる。

200307守門BCほか029.jpg

朝方は少々冷え込んだが(この時期としては普通の気温)

天気も非常によく今日は気温が上がりそう。

正面にこれから登る守門岳を見ながらの

アプローチ林道を気分上々の歩き出し。

200307守門BCほか031.jpg

この橋、去年の3月下旬に行った時は

欄干よりずいぶん上まで雪だったのが

今年は季節的に3週間ほど前なのに

それより1m以上も少ない。

200301かぐら009.jpg

下のほうは板を脱いで通りたくなるくらいな苗場と比べると

劇的に雪が多いかぐら。

お立ち台も完全に埋まっていて

例年とそんなに積雪量は変わらないように見える。

朝濃霧のためKG-1は閉鎖中とHPに書いてあるが・・・。

200301かぐら010.jpg

コロナの影響か5ロマもすいている。

急速に晴れてきたのでとりあえず上がってみる。

200301かぐら012.jpg

上がってみると

KG-1は9:30からオープンしたということで

登山届を出してビーコンチェックゲートを抜ける。

20022223苗場WC551.jpg

そして22日夜、ブリザデュームで行われた

ゼッケンドローパーティー。

Jスポーツでお馴染みの吉田アナウンサーが仕切る。

20022223苗場WC595.jpg

メーカー紹介とジャパンチーム紹介。

ジャパンチームは佐々木明兄貴の仕切りで

左からSLで締め切り直前に滑り込んだ竹内力音選手。

お馴染み大越選手、GSから初登場の地元若月選手

加藤選手、石井選手、そしてSLフル参戦中の小山陽平選手。

20022223苗場WC588.jpg

選手はどこから出てくるのかわからない。

ソルベルグはこんなところにいた。

200227原形8100030.jpg

8100型とネルソンの並び。

明治中から後半の山北といったところか?

200227原形8100001.jpg

とあるところに2003年くらいに限定販売された

ワールドの8100型原形があるよと教えられて早速購入。

200227原形8100004.jpg

このキットワールドの小型機関車シリーズの初期のころのもので

一旦車軸を組み立てるともう分解はできない構造のもの。

実際調子よく動くように完成されているものは

結構少ないと思われそこが難関か

20022223苗場WC411.jpg

午後からの2本目は

ゴールエリアの立見席で観戦。

20022223苗場WC339.jpg

大型ヴィジョンでスタートから

男リー、トラバースまで実況で見れる。

ただ思ったより画面が小さく

立見席からだとやや見にくい。