180828.jpg


自転車ツーリング記録(保存版)を再編集アップしました。

210918TOMIX_EF60003.jpg

TOMIXのEF60が問題の多かったM-9モーターから

M13モーターに載せ替えて再販されたので買ってみた。

買ったのは茶色の2時型。

210918TOMIX_EF60001.jpg

ポイントでヨドバシ通販で買ったのだが

今回プチプチもなしにこんな包装で届いた。

中身は大丈夫か?

とりあえずケースは無事に割れてもないし

傷もついていなかったが・・・・・。

210918TOMIX_EF60002.jpg

自分で取り付けるパーツは相変わらず細かい。

ホイッスルに信号炎管に正面の手すり。

あとナンバーにメーカーズプレート。

210914ロマンスカーヤビツ001.jpg

久しぶりの午後サボルデリでロマンスカーヤビツ
13時新宿発のはこね19号で秦野へ。

本厚木辺りで雨降ってきてどうしようかと思ったが

とりあえず秦野で降りて

自転車を組み立てているうちに雨は上がった。

雨雲レーダーを見る限り2時間ほどは持ちそうである。

210914ロマンスカーヤビツ002.jpg

最近のいつも通り秦野駅から1時間くらいかけてヤビツ峠。

路面は終始セミウエットみたいな感じだで

山頂付近はこのようにガスっていたが

とりあえず天気は持った。

気温は17度くらいでかなり肌寒い。

下ってすぐにまた小雨が降ってきて

雨雲レーダー見ても

もう止む感じではないので

再び秦野駅まで走って今日はお終い。

走行距離 27km

獲得標高 630m

210910鉄道院190形001.jpg

最近ワールド工芸から立て続けに発売されている

原形明治時代蒸気であるが

今回はなんと謎車である190形が発売されてしまった。

210910鉄道院190形003.jpg

早速組み立てる。

とにかく全長が短い。

組立はこの大きさの車両なので

部品点数もそれなりなので時間はかからない。

特徴的な大きな水タンクであるが

折り曲げの順番を適当にやるとうまくいかないらしい。

作例も無理やりやってしまったので少々歪んでしまった。

210910鉄道院190形008.jpg

機関部が出来たので1号(150形)と160形と比べてみる。

210905小倉橋裏和田ツーリング005.jpg

9/7に撤去されることになっている

東京五輪のロードの垂れ幕を見に小倉橋へ行ってきた。

ここのところ梅雨のような天気が続き

なかなか行けなかったのだが

ようやく見ることができた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

210905小倉橋裏和田ツーリング001.jpg

朝雨が降っていて無理かと思ったが

間もなく止んで道路が乾いてきた10時半過ぎに出発。

まずは土山峠を越えて宮ケ瀬湖へ。

秋の台風シーズン前で貯水量は少ない。

210905小倉橋裏和田ツーリング002.jpg

そして根小屋経由で小倉橋へ。

天気によってはここで折り返すことも考えていたが

1日持ちそうなので先に進むことにする。

210823大型3AB客車003.jpg

IORI工房のオニ27830のキット。

ここのペーパーキットは

表面がつるつるに処理された紙を使っているので

プラセメの白キャップでガンガン接着できるので

組み立ては早い。

210823大型3AB客車005.jpg

大型3ABや鋼製3軸客車などのキット製品が随分増えて楽しいのだが

重量が結構重かったり走行性能がいまいちだったりで

機関車だけで長編成を牽引するのが苦しいので

今回荷物車に隠れ動力を組み込んでブースター化することに。

使用したのは鉄コレ動力のTM-07R。

台車枠はDT10を小加工してTR11ぽくした。

このように種車になるKATOのオハ31系の

床下をくり抜いて動力にかぶせる。

TM-07Rは両端を少々加工して削った。

DSC_5118[1].jpg

平日ふじてん

空いているかと思ったが

日曜のほうが空いているくらいだった。

DSC_5119[1].jpg

天気が心配だったが

夕方までとりあえず持った。

210828ふじてん自転車001.jpg

ふじてんを午後出発なので

家まで付かないかもしれないが国道まで下る。

意外に標高差はあって国道まで300mほどある。

ただ道の舗装は悪く穴ぼこなども多く

あまり楽しい下りではない。

210828ふじてん自転車002.jpg

折角なので忍野八海を通って

更に二十曲峠まで往復してみる。

富士吉田でも30度を超すような灼熱地獄だが

この峠はずっと木陰の中で涼し気。

210828ふじてんサマースキー001.jpg

大雨とか台風で行こうと思っていたサマースキーが

行けなくて今週やっと行けた。

ぶり返しの猛暑で

エッジ砥いでも直ぐにだれだれになってしまうのが

ちょっとアレだったけど

まあまあ足慣らしにしてはよく滑った。

3時間券を買って昼過ぎまで滑って終了。

動画もさらしてみる。

210801三浦ツーリング輪行袋007.jpg

超軽量コンパクトで噂の輪行袋買った
超軽量の110gのやつ。

(後ろのホイールカバーは関係ないです。)

210801三浦ツーリング輪行袋008.jpg

いちいち車輪をかっちり止めても

フレームに傷つくことも多いので

ホイールバックも一緒に。

こんな感じで自転車が入る。

ちなみに生地が超薄いので

自転車を入れた状態で生地を直接つかむのは禁止だそうで

必ず肩ひもを付けて肩ひもを持つように出そう。

210803夕張鉄道ナハニフ025.jpg

ナハニフ100に続いて同時発売のナハニフ151に取り掛かる。

こちらは窓間が非常に狭いため

窓枠は内板と一体で後で塗り分ける必要がある。

210803夕張鉄道ナハニフ014.jpg

それ以外はナハニフ100同様

内張り外張りのはんだ付け

→デッキ部分の組立→側板へはんだ付け

と手順はほぼ同じ。

ただこちらはドア窓などがHゴムで

別部品になっていて色差しの手間が省ける仕様になっている。

210803夕張鉄道ナハニフ001.jpg

客車を気動車に入れてしまったキサハニとでも言うような車両。

しかも元2,3等合造車で更新ノーシルノーヘッダーと言う

変態中の変態という夕張鉄道のナハニフ100がついにでも実現!

全国の地鉄の変態車両を地味に真鍮キットで発売している

キッチンから遂にナハニフ151と一緒に発売。

キットはキッチンの他の車両でもよく見る構造で

エッチングで抜いた側面と屋根を一体でプレスした構造。

210803夕張鉄道ナハニフ002.jpg

側面の内板と外板をしっかりはんだ付けして

それに別体のデッキ部分を繋ぐ。

ここのキットは結構折り返しなどもよく考えてあるが

線は細く結構神経を使って折り曲げたりはんだ付けする必要がある。

ちなみにナハニフ151は窓柱が異常に細いので

強度上窓枠は分離できないのだが

このナハニフ100は分離できるようになっていたので

分離して別々に塗装することにする。

(更新後はアルミサッシなので塗り分けが必要)

210801三浦ツーリング輪行袋002.jpg

三浦1周くらいの半日コースだと

朝早く出て

行き涼しくて帰り酷暑か

午後遅く出て

行き酷暑、帰り涼しいかどちらかなのだが

今回は午後2時前に出る後者を選択。

当然日差し真っ盛りなのでガーミン読みでこんな温度。

210801三浦ツーリング輪行袋004.jpg

ヴェルニー公園の戦艦陸奥の主砲と護衛艦のおおすみ。

ここは海風が少し涼しい感じがする。

136.jpg

2021裏東京五輪北海道ツーリング 5日目アップしました。

7月26日 最終日 浦河-静内-門別-平取-鵡川

本日の走行距離 113km
獲得標高 550m

トータル走行距離 605km
トータル獲得標高 4000m

まとめ動画

108.jpg

2021裏東京五輪北海道ツーリング 4日目(7/25)アップしました

4日目 広尾-黄金道路-えりも林道-百人浜-襟裳岬-浦河

本日の走行距離 110km
獲得標高 820m

210731ヤビツ裏開通006.jpg

今日はいきなりヤビツの看板から。

今日は12時に家を出る。

朝早く出て帰りが炎天下か

このように午後に出ていきだけ我慢するかどっちもどっち?

210731ヤビツ裏開通007.jpg

酷暑の中でも表ヤビツも蓑毛から上は基本日陰で

このように峠で22度代(ガーミン)で涼しいのだが
コロナワクチン接種の副作用のためか

謎の倦怠感で力が入らずずっとインナローでの登坂だった。

210731ヤビツ裏開通009.jpg

30日の午後からなんと裏ヤビツが開通している。

札掛の厳重なバリケードも

2019年の10月の台風19号の被害以来

2年ぶりに撤去された。

その時も1年近く普通だったのが開通した直後だった。

064.jpg

2021裏東京五輪北海道ツーリング 3日目アップしました。

芽室-十勝鉄道-愛国幸福-中札内-広尾

 

本日の走行距離 137km
獲得標高 600m 

050.jpg

 

2021裏東京五輪北海道ツーリング 2日目アップしました。

 

富良野-麓郷-樹海峠-幾寅-狩勝峠-新得-千年の森-芽室

 

本日の走行距離 140km
獲得標高 1300m

023.jpg

2021裏東京五輪北海道ツーリング1日目アップしました

滝川-新十津川-上砂川-歌志内-赤平-三井芦別-富良野

103km

210718ヤビツ002.jpg

金曜日に関東地方も梅雨明けして

空の色も「夏!」と言った感じに。

でもやっぱり暑くて

行きでがガーミン読みで34度を超えていた。

210718ヤビツ003.jpg

秦野の盆地の俯瞰に新たに新東名の

大きな1本線が加わって

ここ数年で印象がだいぶ変わった。

210717マチガ沢スキー001.jpg

いよいよマチガ沢シーズンも大詰め。

関東地方も梅雨が明けて快晴の土曜日。

もうS字雪渓の雪は

下からでは全く見えなくなった。

上部雪渓もかなり少なくなった。

210717マチガ沢スキー002.jpg

いよいよマチガ沢シーズンも大詰め。

関東地方も梅雨が明けて快晴の土曜日。

当然巌剛新道からマチガ沢に降りても雪は全く見えない。

今年はマチガ沢の水量が少ないのか

行く手を阻む深い滝つぼはあまりない。

210710三浦一周002.jpg

本当は峠方面行こうと思っていたが

梅雨の合間の晴れでぐんぐん気温上昇。

危険な領域な気温になったので

急遽三浦方面へ変更。

210710三浦一周003.jpg

今回はいつもとは少しコースを変えて

逗子から葉山を通って林へ抜けて

そこから三浦海岸へ抜けて

いつもの三崎の周回路へ。

210707昭和9年櫻004.jpg

モデモのスハ33を何両もため込んだので
そろそろ本格的運用開始すべく

戦前型への塗り替え。

スハ33900(初代)へ原形復帰。

210707昭和9年櫻027.jpg

床下はGMのガーランドベンチレーターについてくる

大型電池箱とキングスのHM時代の水タンクのレジンコピーで

戦前のダブルルーフ客車の床下に復元。

210703マチガ沢スキー004.jpg

なんだかんだであっという間に7月になってしまった。

2週間ぶりのマチガ。

ここから見えるS字雪渓の雪もだんだん少なくなってきた。

210703マチガ沢スキー005.jpg

今日の谷川岳の予報は

Aの登山日和。

梅雨前線が南海上なので

南関東は悪いが北関東は日中は大丈夫そう。

7月ともなればさすがに

登山道からマチガ沢に降りても設計は全く見えない。

210626椿ライン002.jpg

ガーミン520Jに地図を入れたりしていたので

特に不満もなく使用していたのだが

最近バッテリーの持ちが悪くなってきて

場合によっては4時間少々しか持たない場合もあるので

仕方ないのでヨドバシのポイントもつかって530Jを買った。

折角なのでIQ Conectでアナログ風メーターにしてみた。

話題の地図はまあ少し情報量が多すぎて(使用カラーが多すぎる?)

あまり見やすくはなく

これは520Jに入れていたOpen Street Mapベースのほうが良かった気がする。

どうせなら地図無しバージョンも1万円くらい安く出してくれればよいのに。

210626椿ライン003.jpg

ということでせっかくなので少し遠出。

平塚小田原真鶴と走り湯河原から椿ラインへ。

まずは神社からオレンジライン経由で。

S軍はここ https://youtu.be/5OtGtsXx0jI

210620マチガ沢スキー001.jpg

いよいよ関東地方も梅雨入りが発表され

その梅雨の合間の晴れの日の日曜。

今シーズン2度目のマチガへ。

今年は例年より1,2週間早めの雪解けらしいが。

210620マチガ沢スキー003.jpg

ぱっと見、桜かと見間違えるような鮮やかなピンクの

タニウツギも真っ盛りなマチガ沢下降点。

180929夕張保存鉄道166.jpg

以前南洋のアクリルキットで

大夕張の車両は制作したのであるが

(スハニ6、ナハ5、オハ1

南大夕張に保存されているナハフ1だけはなかった。

この車両窓配置が少々変わっていて以外に改造しにくい。

(d332233d)

210517大夕張ナハフ1003.jpg

DMM.makeのクリエイターズマーケットで

モブトレインと言う方の3Dの作品を見つけたので

早速取り寄せてみた。

2か月かかったが

大型3AB時代の特別急行1,2列車 全10両編成完成した。

のちの特急富士と言われる列車である。

今回は関東大震災の震災復興車であるマニ29930が入っているので

(これは本当は幅が狭いのだがキットは他と合わせたタイプらしい)

震災後から大正15年9月の自動連結器化前の

ねじ式連結器バッファー付き、真空制動時代として作成した。

最っ後に完成させた三両。

210401キングス大型3AB095.jpg

スロネ28500。

前回のスロネと同型だが

こちらは前期型として作成。

屋根の明かり窓が少なく

また雨樋が中屋根上にあるので

付属の妻の雨樋の前期型用を付けて

側面の雨樋をひっくり返して屋根に接着した。

スイネ27100と同様の工作だが

2台目なのでうまくできた。

210401キングス大型3AB096.jpg

スロネ28508。

先日のスロネとまったく同じだが

こちらは窓の保護棒なしの形態にした。

新製時には保護棒はついていたのであるが

末期は撤去されていたようで

何時撤去されたのかはいまいち不明みたいなので

スロネは同一車両が3両あるので

1両は保護棒なし、もう一両(上の車両)は前期型。

として変化を付けてみた。

210613金太郎ライン001.jpg

午前中は用事があったので午後からに出発。

まずは海沿いに西進する。

210613金太郎ライン002.jpg

二宮の先からヤマユリラインを通って

曽我に抜けて松田-大雄山と走って足柄道へ。

210613金太郎ライン003.jpg

そして明神林道矢倉沢林道を整備して

はこね金太郎ラインとなった入り口。

もともと林道は足柄道から分かれた入り口部分は

直線的に急坂で上っていたのだが

このように一段上で分岐に変更されて

また少しつづら折り気味にして勾配を緩和させるなど

入り口部分は大きく変化した。

でも今回はここから入らない。

210530001.JPG

土曜日は渋峠へ。

何だかんだで5月に入ってリフト乗るのは初めて。

6月まで営業するといっていたが

あまりにも雪が少ないのでこの週末までの営業になった渋峠。

先週まで数mも積まれていたリフト乗り場前の

雪も全部出してもうこんな高さしかない。

210530002.JPG

流石に関東圏だとここが最後の営業になるため

午前中はリフトはそこそこ列はできる。