2017三陸キャンプツーリング
2017年8月30日〜9月3日

9月2,3日
 

画像はクリックで大きくなります

9/2 4日目 大船渡−神割崎

BRT1 朝ホテルで久しぶりにゆっくり朝食をとった後
大船渡駅からBRTで隣の盛駅へ


朝食 ちなみにその朝食。
ここ二日間朝食はプチクリームパンだけだったから
何となく元気になった?

三鉄祭り 盛駅前をメイン会場の三鉄祭り
ここでも予報に反して
雨はまったく降らずに無事開催。
詳しくは鉄道のブログへ
<
奇跡の一本松
11:55発のBRTで会場を後にして
BRTを乗り継いで今日一日分の行程をワープ。
途中陸前高田の奇跡の一本松の前を通る。
隣の建物は旧高田YH
陸前戸倉 3時間以上にわたるBRTの旅は。
陸前戸倉でおわりに。
BRTはここから海沿いを離れて前谷地へ向かってしまう。
神割崎キャンプ そして11キロ30分走って
神割崎で今日の自転車はお終い。
台風もそれて風の心配もなさそうなので
少し寒いが海を見下ろせる場所にテントを張った。

神割崎キャンプ2 さすがに東北地方9月になると
3棟しかないバンガローはいっぱいだったが
テントサイトはもうほぼ誰もいない状態なので
やはり調理棟を独り占め。
東北最後の夕食は親子丼。
ちなみに潮騒がうるさく寝れないかと思ったが
疲れているのかぐっすり眠れた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−

9/3 5日目 神割崎-石巻-女川

神割崎 そしていよいよ最終日。天気は快晴。
キャンプ場から5分ほどで神割崎に。
神割崎の伝説になった岩の割れ目から波が飛び散る!

15キロほどリアスのアップダウンを繰りかえし
北上川河口の堤防の道に
ここも堤防のかさ上げ工事中で
震災被害の大きさがうかがい知ることができる。
北上川 新北上川大橋で北上川を渡る。
対岸左に小さく見えているのが
悲劇の大川小学校の廃墟
三陸 天気は快晴、相変わらずリアスブルーは続く。
雄勝、女川とこの辺は東日本震災では
大きな被害を出したところでもある。
この辺結構ロードバイクに乗って人とすれ違う。
女川俯瞰 そして女川の街が見えてきた。
相変わらず街という街は
大半が更地のままの状態。
交番 女川は震災で最も被害が大きかったところで
このように鉄筋コンクリートの建物が横倒しになっている。
これは元女川交番。保存するのか?BR>
女川 元女川駅があったところから海岸にかけて
優先的に整備が終わっていて復興商店街が完成している。

女川駅
石巻線女川駅も場所を200mほど後退させて
温泉施設と対にして復興している。
日曜と言うこともあって結構温泉は良い入り。
荷物 女川のコンビニで
役目も終わったキャンプ道具一式を
自宅に送ることにした。
ここから牡鹿半島の登りが始まるので
重茂半島 しばらく牡鹿半島の北岸を走ってから
尾根を通るコバルトラインへ上る。
さすがに標高200mのコバルトラインは。
三陸の海岸が一望。

唐船番所 半島の先端に近づいても
なかなか金華山は見えてこなかったが
御番所公園でやっと見えた。


渋滞 ただ仙台石巻から手ごろな距離なのか
観光客と思わしき車で大渋滞。
あまり居心地もよくないので
さっさと退散。

半島先端 そして県道を少し石巻方面へ下ったところで
細い道に入りさらに半島先端部へ行く。
ここから先は私有地なのでここまでなのだが
草原が広がっていて、金華山も独り占め!

石巻駅 三陸海岸は八戸から牡鹿半島までと言うことで
石巻までの名残のリアス海岸を上り下りしながら
やはり荷物が軽いのは正義で
思ったより早く石巻についてしまった。
石巻線 まだ予約の新幹線の時間までもだいぶあるので
万石湾をぐるっと回って再び女川まで足を延ばすことに。
途中の旧北上川で鉄分補給タイム。
石巻線のキハ111系の2連女川行き。
万石湾 先ほどは牡鹿半島から
万石湾南岸を通って石巻に出たのだが
今度は万石湾北岸。
道も平だし結構快走!
女川 そして今日2度目の女川駅。
これでちょうど牡鹿半島を1周と言うことになる。
帰りの石巻行きの列車までの間温泉に入る。
輪行 5日間、約500キロに近いサイクリングも
ようやくと言うかあっという間と言うか
輪行袋に入れて列車に乗る。
万石湾 列車は石巻に向かって
先ほど走った道のすぐ隣を
夕暮れの万石湾に沿って走る。
仙石東北ライン そして石巻から仙石東北ラインで仙台へ
松島から東北線へ短略するこのルートは
このハイブリット車両とともに震災後の開通
ハイブリッド 車内にはモニターがあり
今モーターで走っているのかエンジンで充電しているのか
回生ブレーキ作動中なのかわかりやすく表示している。
牛タン弁当 そして先代からのはやぶさでは
もちろんビールと牛タン弁当で反省会
お疲れさまでした。
4日目の走行距離 11km
4日目の獲得標高 100m

5日目の走行距離 140km
5日目の獲得標高 1800m


1日目へ戻る