2017三陸キャンプツーリング
2017年8月30日〜9月3日

9月1日 3日目 陸中山田−大船渡
画像はクリックで大きくなります
四十八坂 心配された台風もだんだんそれて行き
夜半以降は雨に降られずテントも乾き気分上々の出発。
ここ四十八坂海岸は
文字通りアップダウンの繰り返しだが
国道は思ったほど急なアップダウンではなく
やはり気持ちよく走れる(交通量は多いが)。
吉里吉里 ほどなく東日本震災でも被害の
大きい場所の一つ、大槌町に入る。
小説でも有名な吉里吉里。
旧国道の橋はこのような状態で通行止め。
津波にさらわれた海沿いの町も更地になり防潮堤の建設中。
バス停の曲がってるのはネジが外れただけなのか
震災のせいなのかは不明。
大槌 そしてひと山越えて大槌の中心部(だったところ)
この廃墟は町長以下多くの町職員がなくなった旧大槌町役場。
三陸自動車道 小さな峠の下り
まだ復旧しない山田線のプレートガーター橋
そして現国道と建設が進む三陸自動車道。
鉄道にはなかなか金が下りないのに
道路はバンバン出来るという我が国の象徴?
ちなみにこのプチ峠「恋の峠」と言う名前。
鳥ヶ沢トンネル
釜石に向かって鳥谷坂トンネルを通らないで
旧道の鳥ヶ沢峠を通る。
サミットのトンネルは
何か非常に雰囲気がある。
てぼっちゃー このトンネル中はてぼっちゃーである。
しかも結構長い。(でも明るい)
この長さのてぼっちゃーは珍しい。
釜石 この県道(旧国道)は町を見下ろすように
釜石に下りてくる。
釜石はイオンタウンなどもできていて
結構復興も進んでいる(他の町と比べて)印象
釜石大観音 そして釜石大観音像。
国道なので交通量も比較的多く
坂も以外に斜度があり結構きつい。
釜石から三陸町にかけては
トンネルが続く国道を通らずに
リアス式海岸の続く海岸方面の道を通る。
海岸の近くといっても150m級の峠と
海抜ゼロに近い集落の連続で
一つの小半島の通過に1時間弱かかる。
ただ景色はこの通り抜群。
越喜来(おきらい) そしてやっと三陸町の中心地の越喜来(おきらい)に
相変わらず中心部は更地で巨大防潮堤の工事が進む。
もういい加減にこの景色にもうんざりしてきた。
三陸町 三陸駅はちょっとした高台なので無事だったようだが
そこから下は全部流された。
駅下の駐車場には越喜来の昔の写真が貼ってある。
奥の高台はそのままだが手前側は何もなくなった。
とりあえず簡易委託駅になっている地元名産売場で
パンなどを買って軽く補給
恋しヶ浜 恋しヶ浜駅
本当の地名は小石ヶ浜であるのだが
無人駅なのだがホタテで有名だったかな?
恋しヶ浜 ホタテに願いを書いて吊るすと
願いがかなうという話なのだが
そのホタテはどこで手に入れるのかわからずじまい
駅前にあるホタテ展望食堂も今日はお休みだった
ちなみにこの待合室はさすがに生臭い。
恋しヶ浜 恋しヶ浜駅を見下ろす。
有名であるがこんな山間にあるので(でも港には近い)
位置に当たりの乗車人数は4人/日(2015年)
綾理駅
そしてここも簡易委託駅になっていて
地元名産売場のある綾理(りょうり)駅
綾里湾の奥では前述の姉市の記録を塗り替える
40m以上の津波遡上の跡が見つかったそうだ。
綾理津波 駅前広場には明治と昭和の三陸大津波の
被害状況の書かれた看板がある。
その時の教訓から綾里の家は全部高台にあって
東日本大震災のときには20m近くの波高の津波が来たが
人的被害はゼロだったそうだ。
ほや 綾理の港近くにある
ホヤの養殖場。
結構大規模で近代的


大日本セメント そしてまたひと山越えて
大船渡の町へ下っていく。
漁業とセメントの町だけあった
太平洋セメントの巨大プラントの中を道は走っている。

大船渡プラザホテル 3日目は台風を警戒してビジホ。
大雨になっても移動しやすいように大船渡の駅前の
この新築になった大船渡プラザホテル。
しかし予報に反して雨はまったく降らなかった。

碁石海岸 折角天気も良いのでホテルに荷物を置いて
本来ならキャンプ地の予定だった碁石海岸まで往復。
岬はこんな奇岩と荒波。
キャンプ場にはさすがに人気はなし。
ちなみに碁石浜にも行ったが砂利はいまいち碁石っぽくなかった。
夕食 今日の新装なった大船渡の商店街で
黒船というラーメン屋の2号店での
貝だしラーメン。食材などもこだわってて美味し!
本日の走行距離 140km
獲得標高 1800m

4日目5日目へ続く