2017三陸キャンプツーリング
2017年8月30日〜9月3日

8月31日 2日目 田野畑−陸中山田
画像はクリックで大きくなります
明戸の浜 昨晩から結構本格的に雨が降っていたが
テントの窓が全開だったため
テントの仲が水浸しになってしまったのもあり
カッパを着こんでとりあえず出発する。
明戸の浜には新しい防潮堤と
震災の津波で破壊された防潮堤の一部がモニュメントで。
島越駅 そして北海道のローカル線より遠い
三陸鉄道に乗るため駅に向かうのだが
雨も意外に小降りになったので
すぐ少し先の田野畑駅を通りすぎ
次の島越(しまのこし)へ。
島越模型 駅の中には震災直前の島越の町の模型と
吹き流しは震災時にそれぞれの人がどこで何をしていたか。
ちょうど列車がいる場所が今の島越駅。
震災前の駅は橋の反対側にあった
三陸鉄道 浜辺の町のあとに巨大防潮堤が建設途中
上の模型の範囲にはほかには建物は何も残っていない。
岩泉小本
三陸鉄道はほとんどトンネルの中
ところどころ地上に出たところが駅。
岩泉小本付近。
当然線形は良くスピードはかなり速い。
宮古駅 そして1時間ほどで宮古に到着。
予報に反して雨は上がり
しかも路面はほぼドライ。
青空 宮古湾をぐるっとまわりこむころには
このように青空も見えてきた。
防潮堤 宮古湾でもいたるところで巨大防潮堤建設中
ここは珍しく既存の防潮堤をかさ上げしている。
ただ集落が防潮堤に中に取り囲まれてしまい
海から集落も
逆に集落から海も
全く見えなくなった。
いよいよ三陸の中でも秘境中の秘境
重茂半島へ突入!
登りと下りしかない超アップダウンの始まり。
まずはこの月山入口があるこの峠
標高差200mだが連続10%勾配だった。
姉市 そしてさらに峠を一つ越えて
県道と別れて姉市へ下る。
これ以上下に家を建てるな碑のある集落を過ぎて
少し下ると新記録になった38.9mの津波遡上地点。
まだかなりの山の中である。
とどヶ崎入口 そして海まで下って いよいよとどヶ崎への遊歩道入口。
ここに自転車を置いて3.8kmの歩き。
浮き球 ちょっと登ったところの木の上に
落ちそうで落ちない浮き球(ブイ)が
これも震災の津波で打ち上げられたものだが
やはり海から30m以上の高さはある。
遊歩道 とどヶ崎への遊歩道は
綺麗に整備されていてかなり歩きやすい
松の林の先に複雑な海岸線が見え隠れしていて
ちょっと熊の気配が濃厚なこと以外は
非常に機敏が良い道。
とどヶ崎 そして本州最東端の碑があるとどヶ崎到着。
またこの灯台は東北で一番高いそうだ。
そしてまた来た道を姉市の漁港まで戻る。
戻ったらカラスにバックをこじ開けられて
食料が盗まれていた。やはり噂通り手強い。
重茂半島 また姉市の集落の上まで登り返し
さらに浜から標高200m近くまでの上りを2回繰り返す。
しかもこのように坂はかなり手強い。
すぐそばが海なのにまるで深い山の中のよう。

山田1 やっと重茂半島を抜けると
山田湾に浮かぶ牡蠣の養殖いかだと
津波で破壊されてしまった防潮堤の残骸が


山田2 奥は陸中山田の駅があったあたりだが
このようにすっかり更地になっている。
右側にはやっと新しい街ができ始め
左側には町のあとに巨大な防潮堤の工事が進んでいる。

船越 そして船越のキャンプ場に到着。
早速アスファルトでてテントをまずは乾かす。。
夕方霧雨がちょっと降っただけで
その後はやはり予報に反して雨は降らなかった。

船越2 個々のキャンプ場は調理棟には。
ガス台まで装備されている。


夕食2 今日の夕食はパスタ。
ちょっと足りなかったからハンバーグも。

本日の走行距離 65km
獲得標高 1100m

3日目へ続く