2018北海道キャンプツーリング 最終日
2018年7月20日〜7月24日

7月24日(火) 5日目 霧多布−落石
画像はクリックで大きくなります
霧多布朝 ついに今回の北海道ツーリング最後の朝。
霧多布の名に違わず発生していた
朝方の霧は次第に晴れてきて
何か幻想的な雰囲気。
霧多布の街のセコマで
もう必要のないキャンプ道具などを
サイドバッグと一緒に送ってしまう。
幌戸沼 機能に続き北太平洋シーサイドラインを走る。
やはり極端に短いアップダウンの連続だが
涼しいうえに景色が日本離れしていて素晴らしいので
快適なサイクリング。
この辺は夏でも冷湿な気候なので海岸沿いは特に
湿原状態な景色が続く、ここは幌戸沼。
恵茶人 さらに進むと
もうここは南樺太?と言うような景色になる。
もう本当に地の果て感満載。
気温は15度そこそこ。
涼しいというより肌寒い。
花咲線 やがて道は海岸線を離れ
花咲線と並行して走るようになる。
ハマナスの咲く別当賀の駅に入ってきたキハ54。
1日5往復しかないからなかなか列車に会えない。
落石 そして坂をぐっと下って
いよいよ今行程の最終地点の落石に入る。
落石 落石の灯台へは
ここからは2,30分の徒歩となる。
このように湿原を保護するために
木道が続いている。
残念ながら天然記念物の
国内では落石限定種のサカイツツジの花期は終わっているが
本州では5月の花の花菖蒲が咲いている。
ここの花菖蒲は一回り小型のノハナショウブ。
落石灯台 そしてたどり着いた地面が終わる場所。
他に誰もいないと思ったら
後から犬連れの人が着いてきていて
一人では怖くて行けなかったのでありがとうと
礼を言われたけど・・・ちょっと迷惑だった。
灯台 灯台まわりを少し足を延ばしてみた。
先ほどの人もあきらめて帰って行ったので
この一帯は我々2人だけしかいない。
この地の果てで今回の北海道ツーリングは締めにしようと思う。
なかなか素敵な終わり方だと思う。
本日の走行距離 62km
獲得標高 550m

今行程 519km 今行程獲得標高 4800m


初日へ戻る