残雪の甲武信岳


平成12年5月4日〜5日

4日
9:30 道の駅みとみ発
雁坂トンネル開通によってすっかり様相の変わった西沢渓谷入口から、しばらく西沢渓谷へ向かうハイカーと一緒になって登山口に向かう。
12:00〜13:00 徳ちゃん新道合流点
上から降りてくる人が口々に雪が深い上にアイスバーンになっていて、アイゼンなしでは危険だと声をかけてくる。標高1800mを越えたこの辺からさすがに雪が登山道を覆うようになってきた。昼食ついでにアイゼンを取り出して装着することに。
14:50 雁坂峠方面分岐
15:00 甲武信小屋到着
甲武信小屋周辺は1mは有ろうかという積雪。しかも新雪が数十センチある上にテント場はぐちゃぐちゃ。テントを張る前に雪かきから始める必要があった。テントを張り終わって、ビールで乾杯しようとしたら、H氏がアイゼンでビールを一撃。一缶パーになった。

雪の登山道 テント場

5日
10:15 甲武信小屋発
夜はものすごい寒さであちこちのテントからから寒すぎて寝れないと言うようなうなり声が聞こえてきた。AyuAyuは防寒着においては抜かりがなかったので、まあよく寝られた方だと思う。
10:25〜10:50 甲武信岳山頂
甲武信山頂の展望テントを片づけて、小屋に荷物をおいて、やはりアイゼンを付けて一登りで山頂である。山頂からは金峰山、瑞がき山などの奥秩父の山並みが一望できた。
11:55〜12:50 笹平避難小屋
雪の長い下り坂を下って、笹平避難小屋に着く。ここで昼食にする。
13:30 西破風山
笹平避難小屋でアイゼンをはずしたのだが、ここから東破風山を下り終えるまで、アイゼンを付けたりはずしたりが続き、いい加減にイヤになってくる。
15:05〜15:20 雁坂峠
雁坂峠雁坂峠はさすがに奥深い峠だけ有って秩父の山並みの展望が素晴らしい。ここは甲武信岳とちがって、日差しが豊かでまさに小春日和(もう5月だが・・・)。この後あまり眺望のない沢筋を降りて、雁坂トンネルの料金所前のパーキングについたのは17時過ぎであった。