八の主峰
八ヶ岳〜赤岳・横岳・硫黄岳

平成27年8月1日−2日(その1)

クリックで大きくなるよ♪

150801001s.jpg
車中泊は寒さで目を覚まし
準備万端
6時半、美濃戸出発
150801002s.jpg
林道を歩き始めてすぐ
ここが登山道の分かれ道
いよいよ登山の始まり
150801003s.jpg
しばらくは南沢沿いの道
登山道も橋もきちんと整備され
歩きやすい道が続く
150801004s.jpg
そして出てきた怪しい順路?!
信じてよいのか
見つけたのはこの一つだけだった
150801005s.jpg
急坂が始まる
大岩が行く手を遮る
もちろん枝で転がらないように(?)つっかえ棒がしてある
150801006s.jpg
河原が広がって
横岳の大岩壁が目の前に
目指す小屋はもうすぐ
150801007s.jpg
真っ青な夏空と赤岳
八ヶ岳の主峰2899mが
目の前にそびえ立つ
150801008s.jpg
2時間15分で最初の休憩
行者小屋は大勢の登山客で賑わっている
まだまだ元気いっぱい
150801009s.jpg
行者小屋から文三郎尾根
あまりにも急登で
階段やハシゴがずっと続く
150801010s.jpg
振り返ると
穂高や槍ヶ岳が
雲の上に顔を出している
150801011s.jpg
ヤツ最北端の蓼科山と
遙か下に行者小屋
ずいぶん登ってきたなぁ、、
150801012s.jpg
阿弥陀岳もずいぶん近くなった
今回は登らないので
眺めるだけで
150801013s.jpg
まだまだ続く階段
森林限界を越え、日射しが強い
じりじりと肌をこがす
150801014s.jpg
つい下を向いて歩いていると
階段には某メーカーのマーク
登山道保守のスポンサーなのか?
150801015s.jpg
合流点でひとやすみ
阿弥陀岳と横岳方面への分岐
これから向かう稜線がずっと見える
150801016s.jpg
ここからいよいよ
赤岳への核心部へ
むき出しの岩稜が迫ってくる
150801017s.jpg
可愛らしい看板発見!
「頂上はあと少し、ガンバレ!」
山の花もちらほら咲いている
150801019s.jpg
岸壁に咲く
イワギキョウ
一瞬疲れを忘れさせてくれる
150801018s.jpg
何か見えてきた
山頂までもう少し
最後の鎖だ
150801020s.jpg
赤岳山頂〜!
ずいぶん雲が上がってきたけど
真っ青な夏空を独り占め!
150801021s.jpg
ここはまだまだ通過点
これから進む横岳の険悪な主稜線
まだまだ先は長い


その2へ  TOPへ